ワキガ手術を知ったおかげで、つらいイジメからも解放されました

May 12, 2017

0

ワキガ手術を知ったおかげで、つらいイジメからも解放されました

Posted in : Uncategorized on by : rin983ul

柳田悦子・14才中学生。

「くっせ~何、このニオイ?」教室の中で奇声をあげたのは、S君でした。

S君は、校内でも著名なイジメっ子。

でもそのターゲットのそんなにが男子生徒でまさか女子の私にまで、その火の粉がふりかかってくるとは思わなかったのです。

「くさいニオイの現れて源は誰か?」クラス中がこのトピックで持ちきりになり、そのニオイ源が私である事がわかるまでに時はかかりませんでした。

本当の事をいえば、真夏や汗をかいたケースなどに、自身でもワキの下がほかの人よりくさいような気がしていたのです。

加えてその日から、私に対する陰湿なイジメが始まりました。

私が登校すると「クサイ奴は居宅にいろ」とか「ニオイのもと」と机に書かれていたりロッカーには「ニオイに用心」と書いた紙が貼ってあったりしました。

ふだんはイジメられている生徒に同情的な女子生徒たちも、私の発するニオイは敏感に感じ取っていたようで「ホントは私も多少くさいと思っていたんだ」などと、ヒソヒソと話しているのです。

実際まで仲のよかった子たちも離れていってしまい、クラスの中でパーフェクトに孤立してしまった私は、立ち直れないくらいのショックを受けていました。

でも、「くさくてイジメられています」なんて男の担任の先生に折衝できないし、両親にいったところで懸念事項をかけるだけだと考え、何とか1人で持ちこたえていたのです。

そのようなある日、いつものようにトボトボと1人で下校していると、ポンと後ろから肩をたたく人がいたのです。

そこには、同じクラスにいながら、実際まであまり話した事もなかったM子ちゃんがにっこり笑って立っていました。

「あのね、ニオイが見過ごせないなら、これを読んでごらんよ。

うちの従姉妹もこの間、ワキガの手術を受けたんだ。

手術するっていうんで、お見舞いは如何にするか……とか話し合ってたのに、入院なんか全然しなくて、その日のうちに帰って来ちゃつたんだって。

これを見せて母親に折衝してみればいいじゃん」そういってM子ちゃんは1冊の本を手渡してくれたのです。

「ありがとう……」一層いっぱいお礼をいおうと思ったのに、あとは涙で言語になりませんでした。

M子ちゃんがくれたのは、クリアネオ 販売店に陳列されていたワキガ手術の本でした。

また読み進めるうちに、けっこうやさしそうな先生だし、このクリニックに行って、折衝してみたい……という心境が、私の中で大きくふくらんでいったのです。

私がワキガかもしれないという事、またその事がきっかけでいじめられている事……

度胸を出して本当の事を両親に告げると感銘ながらも夏休みになったら直ちにに、手術を受けられるよう、申込み手順をしてくれたのです。

手術は本に書いてあった通り、ほんとに3十分くらいで終わりました。

入院も手術後の通院も不可欠なく、1か月もたたないうちに傷跡もおおかたわからなくなりました。

実際は汗をかいても何のニオイもしないし、悩んでいた事すら遠い昔の事のように思えます。

イジメがおさまったのも、つらいケースに優しくしてくれたM子ちゃんまた当院の皆さんのおかげです。ありがとうございました。