コラム.あなたの瞳の下にあるのは「たるみ」?それとも「クマ」?

May 12, 2017

0

コラム.あなたの瞳の下にあるのは「たるみ」?それとも「クマ」?

Posted in : Uncategorized on by : rin983ul

脂肪が皮膚を押し出しているのが「たるみ」。

顔立ちや体型に個人差があるように、目元にも個人差があります。

生まれつき目の下の脂肪が多い人の場合、脂肪が目の下の皮膚を押し出すことによって、たるみが発生してしまいます。

また、加齢に伴い、脂肪の周囲の皮膚組織が重みに耐えられなくなって、たるみが発生することもあります。

「クマ」ができる原因は主に2つ

以前にもお伝えしましたが、「クマ」は、目の下に”ハの字”に黒ずんで見えたり影ができたりする状態です。

「クマ」ができる原因は主に2つです。

1つは、紫外線や、こするなどの皮膚への刺激による色素沈着です。

もう一つは、目の下の脂肪の膨らみやたるみによる「影」です。

後者が原因の場合は、原因となっている膨らみやたるみをなくすば、「クマ」もなくなると言うわけです。

※毎日の生活に「目元ケア」を少しずつ取り入れて

自分の「なりたい」目元について理解できたら、それに合ったケアを生活に取り入れてみましょう。

これからご紹介していくのは、今すぐにでも実践できる、簡単なケアばかり。

特別な道具を用意する必要はあるません。

いつもお使いのクリームや乳液、またはアイキララなどのアイクリームをご用意ください。

コラム2.良い睡眠で、トラブル知らずの目元を手に入れる!

どうして目の下にだけ「クマ」ができてしまうのでしょうか?

それは、目の周囲やまぶたの皮膚がとても薄い人が多く、皮膚の下の血管の色などが見やすいからです。

特に目の下の皮膚は、毛細血管の色が透けて見えてしまうほど薄くてデリケートです。

皮膚のたるみや垂れ下がり、黒ずみなどが現れやすいと言うわけです。

「クマ」とともに気になるのが「シワ」。

加齢のほか、肌の乾燥や不規則な生活なども原因になります。

また、ストレスで顔をしかめたり、うつぶせ寝をしたり…生活をする上での何気ない表情や動作がシワにつながってしまうこともあります。

※「クマ」や「しわ」をできるだけ防ぎたい!

まずはお勧めしたいのが、質の良い睡眠をとることです。

ぐっすり眠ることで、皮膚や筋肉の代謝を促す「成長ホルモン」が分泌されるからです。

また、たっぷり睡眠をとることで、自律神経が活性化し、ハリのあるしなやかな皮膚を保ちやすくなります。

※質の良い睡眠をとるにはどうしたらいいの?

毎晩、できるだけ同じ時間に就寝するよう心がけましょう。

生活のリズムが自然に整い、寝付きの悪さなどの悩みも解消します。

歯ぎしりやいびきも、眠りの質を落とすファクターなので要注意です。

対策グッズを導入するなどして、ぐっすり眠れる環境整えてください。

歯ぎしりやいびきが深刻な場合は、歯医者か耳鼻科に相談することをお勧めします。